×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の着物と着付け【きもの 着付け】

きものの着付け
*きもの着付教室 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡



子供の着物の着付け




子供の着物は、成長に応じて一つ身、三つ身、四つ身と変わります。

一つ身
後ろ身ごろを一幅で断つことからこの名前があります。生まれたての赤ちゃんから2〜3歳まで着ることができます。後ろに縫い目がないことから、外出の際には、背守りをつけます。

三つ身
「三つ身」という名前は、身たけの3倍必要なことに由来します。
2〜3歳の子供用で、女の子は、元禄そでか長袖に、男の子供ならば、筒そでか舟底にします。

四つ身
4歳ぐらいから8歳くらいまでの子供用です。四つ身は、女の子供は元禄か長そでに、男の子供ならば筒袖が一般的です。

七五三は、子供にとっては初めての晴れのお祝いです。ご両親にとっても、艶やかに着飾った我が子の姿を見ることはこのうえない幸せでしょう。着崩れしないようにかわいらしく着付けてあげたいものです。

子供にきものを着付ける際のポイントをご紹介します。
・下着は、細衿のついたガーゼの肌襦袢に裾よけをつけます。
・着崩れしないようにつけひもを正しい位置につけておきます。
・着付けの時の帯枕は、手ぬぐいを縦に半分に折り、きつめに巻いてガーゼにくるみます。
・帯は、帯幅を半分に折って、二巻きして手を上に結びます。丈が長すぎるようならば、たれより手の分量を多めにして結ぶと良いでしょう。
・全体的に可愛らしさを出すようにします。たとえば、3歳のお祝いには、肩揚げ、腰揚げをたっぷりとった方が可愛らしさが際立ちます。また、5歳の「着袴の儀」では、黒地の五つ紋付きにするにしても、ぼかし模様や絵羽模様を染めた華やかなものがよいでしょう。







PR






Page Topへ▲

きもの着付教室

Copyright© 2011 きもの -着物の着付け. All rights reserved.