×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

着物の着付け -きものを着る際のポイント、帯結びのポイント【きもの 着付け】

きものの着付け
*HOME 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡
きものレンタルとリサイクル
東京千葉名古屋京都大阪岡山福岡
相互リンク



着物の着付け
きものを着る際のポイント

着物を美しく着こなすポイントは、着付けにあります。そのために下着は重要です。
下から順に「肌襦袢(じゅばん)」、「すそよけ」、「長襦袢」があります。
それに「腰ひも」が3本、「だてじめ」、「前板」、「帯まくら」、「帯じめ」、「帯揚げ」、「たび」が必要です。最初に手元にこれらをすべてそろえてから着付けにとりかかります。

帯揚げと帯締めは、ともに帯をしっかりと身体に留め、結んだ帯の形を美しく保つとともに、着崩れを防ぐために重要な役割があります。
着物の着こなしの絶大な効果を発揮するポイントが着物や帯との組み合わせです。
着物には礼装や略礼装といった「格」があり、帯締め、帯揚げも、着物の格と調和させることが大切です。



帯結びのポイント

帯結びのポイント
帯は、身長に対して帯を結ぶ位置が、3対5、8対12などの「黄金比率」の位置になるようにします。背が高い、低い、太り気味、あるいはやせ気味、といったように体型によって加減をしていくと、美しく結べます。
背の高い人は帯幅を少し広くし、帯揚げを多めに見えるようにすると良いでしょう。
また背の低い人は、帯幅を少し狭くします。そして少し高めにおたいこを結ぶと美しく見えます。
太っている人は、おたいこの位置を低くするように結び、帯揚げを細くすることで細く見せることができます。





有機肥料・堆肥の販売


PR



Page Topへ▲

HOME

Copyright© 2008 きもの -着物の着付け. All rights reserved.