×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミセスの着付け【きもの 着付け】

きものの着付け
*きもの着付教室 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡



ミセスの着付け




着物の本当の醍醐味が出るのは、ミセスのなかでも特にある程度の年齢になった奥様になってからといわれます。
若い女性とは違う、ふんわりとした、内面的な包み込むようなふくよかさや女性らしさがにじみ出てくるからでしょう。
したがって、ある程度年齢を重ねた女性の着付けは、女性としての上品な色気や、豊かさを感じさせるように仕上げるのが、年齢に見合う美しい着付けとなります。また、着物を着る女性それぞれの個性が着こなし方に出てくるのもこの年代でしょう。

●衣紋(えもん)・・・衣紋は、やや抜きかげんにします。7pから8pくらいが適当でしょう。半衿も気持ち多めに出すと、柔らかい感じになります。

●胸の合わせ・・・ゆったりと合わせます。

●帯・・・帯は、腰骨にかけて低めに結ぶと落ち着いた雰囲気になります。
同じミセスでも、若い奥様の場合には独身女性よりは低めにしますが、熟年のミセスよりは少し高めにします。
おたいこは、山を低めにし、下部をふくらませると奥様らしい落ち着きが出てきます。また、おたいこの下側やたれを斜めにすると、柔らかさとと、たおやかさが出てきます。

●帯締め・・・帯幅の3分の1の位置に締めます。
若い女性の場合には帯締めは帯幅の2分の1の位置にしめると初々しい、美しさが引きたちます。
一方、年齢を重ねた女性の場合には、帯締めの位置を低めに締めると、年配らしい落ち着きが出ます。ミセスと一口でいっても幅がありますので、それぞれの年代に合った着こなしをすると良いでしょう。


PR






Page Topへ▲

きもの着付教室

Copyright© 2008 きもの -着物の着付け. All rights reserved.