×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

やせ型の人の着物の着付け【きもの 着付け】

きものの着付け
*きもの着付教室 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡




やせ型の人の着付けのポイント




痩せ型の人は、くきっとした直線的な美しさを引き立たせる着付けをすることによって、知的な印象が出ます。洋服の場合には、ウェストがくびれた体型が洋装の美しさを引き立たせますが、和服の場合は、逆に直線的なシルエットを大切にします。

やせ型で身長が高い人の着付けのポイント

補整
痩せ型の人の場合、肩から胸にかけての肉付きの薄さやくぼみ、腰の細さをカバーするために、体型を整えるための補整を行います。
腰には腰ぶとんをし、肩から胸にはタオルを3つ折りにしたものを、胸の上を通るようにして斜めにあてて胸の下で交差させます。あるいは、厚みのある肌襦袢で身体に丸みを添えるようにするのもよいでしょう。

えり・衣紋
やせ型の人で身長の高い方の場合には、衣紋は抜かずに、えり合わせは首のくぼみから4p〜5p下で合わせた細めの型にするとよいでしょう。半えりも細めに、1.5pほど出します。


帯山は低めにします。長めのおたいこで直線型か、下部をふくらませるようにすると粋な着こなしになります。

すそ
やせて身長のある人の場合、すそ丈は長すぎないようにしましょう。つま先も上げすぎない方が良いでしょう。

やせて身長が低い人の着付けのポイント

えり
痩せ型で身長の低い方の場合は、普通の寸法よりもえり幅を1.5pほど狭くします。

色合い
痩せて背の低い方の場合は、柔らかい中間色の地色がよく似合います。柄も丸みのある花柄や小さめのものなどが良いでしょう。

その他、痩せて身長の低い方の場合、そでたけを短めに、丸みを大きくします。


PR



ダイエット



Page Topへ▲

きもの着付教室宿便を解消

Copyright© 2008 きもの -着物の着付け. All rights reserved.