×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

若い女性の着物の着付け【きもの 着付け】

きものの着付け
*きもの着付教室 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡



若い女性の着物の着付け




最近は、若い女性の方でも着物を好んで着る方が増えてきています。和服でお茶やお花のお稽古に行く人も多いようです。また、ちょっとしたお出かけや観劇に、和装で出かけると、いつもとは違う新しい魅力を出すことができるかもしれません。

着付けにもそれなりの工夫をして、ミセスとは違う、ミスならではの魅力をかもし出すことができるようにしましょう。

結婚前の若い女性の着物の着付けのポイントは、若さを生かした上品な着付けにすることです。
着物の場合、立体的に裁断する洋服とは異なり、直線裁ちであることから、どちらかというと「ずん胴」体型の人のほうが着物にフィットする体型であるといえます。しかし現代の若い女性は、全体的に背が高く、ウェストがきゅっと締まったスタイル、つまり洋服向きのスタイルをしています。

そのため、若い人が着物を美しく着付けるためには、まず、体型の補整をする必要があります。
・ウェストがくびれている人は、二つ折りにしたタオルを2枚ほど巻きつけます。
・いかり肩の人は、胸の中心から衿肩にそってタオルをあてがいます。

また、若い人全体に言えることですが、すそ丈はくるぶしの下あたりが良く、つま先は心もち上げる程度にすると若々しく見える着付けになります。

衣紋(えもん)はあまり抜かないようにしましょう。衿合わせも気持ち上げるようにしたほうがいいでしょう。

帯は気持ち高めの位置に締めます。おたいこは高く、大きく纏めます。帯締めは帯幅の半分の位置に締めましょう。








ハロウィン コスプレ衣装

PR



血行を良くするには



Page Topへ▲

きもの着付教室

Copyright© 2008 きもの -着物の着付け. All rights reserved.