×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤングミセスの着物の着付け【きもの 着付け】

きものの着付け
*きもの着付教室 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡


ヤングミセスの着物の着付け




同じ若い女性でも、ミスとミセスでは、女性としての美しさの表現の仕方に微妙な違いがあります。
結婚前の若い女性の美しさが、若かさゆえの弾けるような初々しさであるならば、ヤングミセスの美しさとは、若々しさのなかでも独身女性にはない落ち着きと豊かな女らしさを出したいものです。
ヤングミセスの場合には、きもの着付けについても、若々しさを出しながらも奥様らしいしとやかな落ち着きを漂わせる装いに仕上げるのが、美しい着付けのポイントとなります。
奥様らしいほのかなお色気を、上品にうかがわせる着付けにしましょう。

若いミセスの着付けのポイント

・帯・・・あまり上げすぎないようにします。ここが独身女性との違いです。
おたいこは、上下に丸みをつけてふっくらとしたイメージ作ります。斜めに締めすぎると、粋な着付けとなりますが、若い奥様の場合、度がすぎるといやらしい感じになってしまいます。体型のすらりとした方ならば、直線系にまとめたほうがすっきりとした着付けになるでしょう。

・帯揚げ・・・感じよくすっきりと仕上げましょう。一直線に十字型にのぞかせるようにします。

・衣紋(えもん)・・・衣紋はあまり抜きすぎないようにします。6センチ〜8センチぐらいにし、体型に応じて抜きます。
前の打ち合わせは、開けすぎないようにぴったりと合わせます。胸の合わせは気持ちゆったりとすると、年齢の熟したお色気を感じさせる着付けとなってしまいますが、若いミセスの場合には、むしろ初々しい気品を生かしたほうが良いでしょう。


PR




バストアップ



Page Topへ▲

きもの着付教室

Copyright© 2008 きもの -着物の着付け. All rights reserved.