×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゆかた(浴衣)の着方【きもの 着付け】

きものの着付け
*きもの着付教室 

インデックス


帯結びのポイント
子供の着物と着付け
大柄な人の着物の着付け
痩せ型の人の着物の着付け
若い女性の着物の着付け
ヤングミセスの着付け
ミセスの着付け
年配女性の着付け
浴衣の着方
きもの着付教室
北海道東京神奈川
千葉埼玉愛知京都
大阪兵庫福岡




浴衣の着付け




ゆかた を着る際のポイント

夏になると、浴衣(ゆかた)を着ている人たちが街を歩く姿は、見ているだけでも涼しげです。
一般的に、浴衣(ゆかた)を着る時には下駄を履きます。カランコロンという下駄の音は、レトロな懐かしさを感じさせますね。浴衣を着付けるときには、足もとの美しさも楽しみたいものです。

浴衣を着付は、さらりと、素肌に涼しげに装うようにすることがポイントです。ゆとりのあるくつろぎをかもし出すように、全体をゆったりと着付けをします。

浴衣というと、湯上りに夕涼みに着る木綿の浴衣を思い浮かべますが、一般的な着方は、肌着と裾除けを付けた上に着付けます。木綿の浴衣も良いですが、他の生地に半襦袢をつけ半襟を出して、変化を楽しむ着付け方もあります。

衣紋抜き、前のえり合わせはゆったりとします。つめすぎると暑苦しく見てしまいます。衣紋は指3本からこぶし一つが入るくらいを目安に抜きます。

帯の位置は、あまり胸高にしないようにしましょう。また、帯はあまりきつく締めすぎないようにすることもポイントです。

裾(すそ)線は、長すぎない程度に、足のくるぶしにかかる程度が良いでしょう。下前の裾上がりは7〜8センチ、上前の裾上がりは下前の半分程度にします。

さらに浴衣の着方として大切な点は、足元です。素足に下駄履きですから、足の手入れも忘れずに。
脱毛クリームただし、下駄履きのまま、音を鳴らしてホテルのロビーを歩いたり、観劇やコンサートに行くのはマナー違反ですから注意しましょう。



PR





Tバックビキニ 水着&ランジェリー通販

Page Topへ▲

きもの着付教室

Copyright© 2011 きもの -着物の着付け. All rights reserved.